リスクが潜む個人輸入

都道府県等から報告を受けた事例(平成19年3月31日現在)

「いわゆる健康食品」による健康被害事例

都道府県等から報告を受けた健康被害事例のうち、医薬品成分が検出されたもの以外の事例については、「いわゆる健康食品」として取扱い、以下の判断基準に従い製品名等を公表しています。
(製品名等の公表の判断基準)
都道府県等から報告された健康被害について、医師より、当該患者の症状の経過等が明らかにされており、当該製品を摂取したことが原因であると疑われる旨の情報が得られた場合において、予防的観点から、当該製品名(同様な名称の製品が流通している場合には販売者名等を併記)、事例の概要を公表しています。
なお、下記製品によるものと疑われる健康影響に関する情報等は十分でなく、また、健康被害の発生には摂取した方の体質や摂取時の健康状態等の多くの要因が影響します。このため、現時点では、下記製品が人の健康に及ぼす悪影響の内容及び程度は明らかではありません。
下記の各製品と同種の名称の製品も出回っていますが、他の製品については、現時点では、このような報告は把握されていません。

※ 病気等により身体に不安を抱えている方は、健康食品を摂取する場合は事前に摂取の可否等について医療機関に相談してください。

「いわゆる健康食品」による健康被害事例

過去に公表した健康被害事例

No 製品名及び報告内容等 事例合計 公表年月
1 雪茶(同一名称4製品)(注11)
【販売者:有限会社河村農園、合資会社コンパス、株式会社清華、株式会社トランスワーク】、納西雪茶(注11) 【販売者:株式会社ジェイエムシー】
肝機能障害事例 2人
うち、2人が女性。1人が入院。
2人 平成15年12月
2 よこださん家のあまめしば(注10)
呼吸機能障害事例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
1人 平成15年8月
3 久司道夫のあまめしば(注9)
上記製品については、久司道夫氏との関連は一切なく、名称使用の契約を締結せずにその氏名を冠して販売されていたものです。
肺障害例 2人
うち、2人が女性。1人が入院。
2人 平成15年8月
4 メリロート(注7)、ブルーベリーエキス(注8)
【販売者:いずれも株式会社ディーエイチシー】
肝機能障害事例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
成分分析結果
メリロートについては、フェンフルラミン、N-ニトロソフェンフルラミン、トリヨ―ドチロニン、チロキシンは検出せず。
1人 平成15年5月
5 メリロート(注7)
【販売者:株式会社ディーエイチシー】
肝機能障害事例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
1人 平成15年5月
6 ウェイト・ダウン(注3)、アミノ・ミックス(注2)、ファット・ダウン(注5)、PURE爽美身(注6)
肝機能障害事例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
成分分析結果
ファット・ダウン及びPURE爽美身については、N-ニトロソフェンフルラミン、トリヨ―ドチロニン、チロキシンは検出せず。
1人 平成14年12月
7 脂散流糖・痩健(注1)、アミノ・ミックス(注2)、ウェイト・ダウン(注3)、ライフィン(注4)
肝機能障害事例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
成分分析結果
いずれの製品からも、フェンフルラミン、N-ニトロソフェンフルラミン、トリヨ―ドチロニン、チロキシンは検出せず。
1人 平成14年8月
8 花紅柳緑茶
肝機能障害事例 3人
うち2人が女性。3人が入院。
その他の例 1人
うち1人が女性。入院はなし。
成分分析結果
N-ニトロソフェンフルラミン、トリヨードチロニン、チロキシンは検出せず。
4人 平成14年10月
9 細麗美身
肝機能障害事例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
成分分析結果
フェンフルラミン、N-ニトロソフェンフルラミン、トリ
ヨ―ドチロニン、チロキシン、センノシドA,センノシドBは検出せず。
1人 平成14年8月
10 宝麗堂
肝機能障害例 1人
うち1人が女性。1人が入院。
成分分析結果
フェンフルラミン、N-ニトロソフェンフルラミン、トリヨ―ドチロニン、チロキシンは検出せず。
1人 平成14年8月
11 繊之素膠丸
肝機能障害例 2人
うち2人が女性。1人が入院。死亡1人(京都)。
2人 平成14年7月

※ No.4及び5のメリロートは同一製品 No.6及び7のアミノ・ミックス及びウェイトダウンは同一製品

最近の健康被害報告件数

平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度
報告件数
カッコ内の数字は女性数
36(29) 39(25) 15(10) 30(27)
製品数 41 58 17 42
肝機能障害 11 13 2 10
発疹等皮膚症状 6 11 3 4
消化器症状(下痢、腹痛、嘔吐等) 11 9 7 9

※「いわゆる健康食品」として報告されたが、後に「医薬品」と判断された製品については件数に含めていない。

(注1) 脂散流糖・痩健の原材料名
大豆サポニン、トンブリエキス末、杜仲葉エキス末、根コンブ末、ハブ茶エキス末、ガルシニアエキス末、ギムネマエキス末、マルチカルチノイド、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、マカデミアナッツオイル、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル

(注2) アミノ・ミックスの原材料名
魚肉抽出物(アンセリン含有)、ビール酵母、L-ロイシン、L-リジン、L-プロリン、L-アルギニン、L-イソロイシン、L-バリン、L-アラニン、L-グルタミン、L-フェニルアラニン、L-メチオニン、L-スレオニン、無水クエン酸、L-トリプトファン、L-ヒスチジン、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

(注3) ウェイト・ダウンの原材料名
クランベリーエキス末、メリロートエキス末、乳糖、スギナエキス、ブドウ種子エキス末、イチョウ葉エキス末、ハブ茶エキス末、なたね油脂末、ビタミンB6、二酸化ケイ素

(注4) ライフィンの原材料名
ドロマイト(Ca、Mg含有)、亜鉛酵母、ヘム鉄、クロム酵母、セレン酵母、小麦胚芽油、ビタミンE、ドナリエラカロテン、EPA含有精製魚油、DHA含有精製魚油、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンC、クランベリーエキス末、ビルベリーエキス末、コーンスターチ、ブドウ種子末、デキストリン、なたね硬化油、二酸化ケイ素、ニンニクエキス末、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、セルロース、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB2、硬化油、葉酸、ビタミンB12

(注5) ファット・ダウンの原材料名
ボラージ油、ガルシニアエキス末、大豆サポニン、ビタミンE,トンブリエキス末、昆布末、クロム酵母、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、唐辛子オイル、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

(注6) PURE爽美身の原材料名
コクトオリゴ、高麗人参エキス、クコシエキス、ドクダミエキス、ハブ茶エキス、大豆サポニン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC

(注7) メリロートの原材料名(公表後、1日当たりの摂取量の目安を3粒から2粒に変更しているとのこと。)
メリロートエキス末、クミスクチンエキス末、イチョウ葉エキス末、トウガラシ抽出物、オリーブ油、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル

(注8) ブルーベリーエキスの原材料名
ブルーベリーエキス末、カロチノイド、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、マリーゴールド、ゼラチン、シソ油、グリセリン、ミツロウ

(注9) 久司道夫のあまめしばの原材料名
アマメシバ

(注10) よこださん家のあまめしばの原材料名
アマメシバ

(注11) 雪茶、納西雪茶の原材料名
雪茶

このページについての照会先

医薬食品局食品安全部
新開発食品保健対策室
(内線2458)

出典元:厚生労働省

あやしいインターネットサイトを通報

私はロボットではありませんにチェックを入れURLを入力し、
送信をクリックしてください。
通報内容の入力は任意です。
※通報内容は入力しなくても送信できます

URL入力

通報内容(任意入力)※最大70文字