リスクが潜む個人輸入

タイから輸入された「ホスピタルダイエット」と称される無承認無許可医薬品による健康被害(疑い)事例について

「ホスピタルダイエット」の健康被害(疑い)事例について

「ホスピタルダイエット」と称されるやせ薬をタイから購入し、服用していた女性が平成20年に死亡したことが判明いたしました(※)。報告内容については以下の通りです。

  • 40代半ばの女性が「ホスピタルダイエット」と称されるやせ薬をタイから輸入し、服用後8日目に呼吸困難、意識混濁で救急搬送され、死亡したことについて、偽性バーター症候群による不整脈又は呼吸器麻痺が原因であると推察されている。
  • 偽性バーター症候群については、患者が以前から服用していたフロセミドが発症原因であるが、やせ薬が悪化の要因であったものと推察されている。
  • 女性が輸入し、使用していたやせ薬は7種類の錠剤であり、食欲抑制作用や利尿作用等のある複数の医薬品成分が検出されている。

※ 出典: Forensic Science International (30 Oct 2009)
Identification of active ingredients in dietary supplements using non-destructive mass spectrometry and liquid
chromatography-mass spectrometry British Medical Journal Case Reports (25 May 2009)
Autopsy report on pseudo-Bartter syndrome with renal calcification induced by diuretics and diet pills

厚生労働省としては、従来から無承認無許可医薬品を安易に個人輸入して使用することについては、当該医薬品が偽造製品であったり、有害な物質が含まれている場合があるなど、望ましいものとは考えておりません。インターネット等で個人輸入して使用することは、くれぐれも避けていただくようお願い申し上げると同時に、注意喚起いたします。

平成21年10月9日

医薬食品局監視指導・麻薬対策課
(担当・内線) 中井、今村(2763、2767)

出典元:厚生労働省

あやしいインターネットサイトを通報

私はロボットではありませんにチェックを入れURLを入力し、
送信をクリックしてください。
通報内容の入力は任意です。
※通報内容は入力しなくても送信できます

URL入力

通報内容(任意入力)※最大70文字