リスクが潜む個人輸入

エフェドリンアルカロイドを含む製品に関する情報について

医薬監麻発第1015008号
平成14年10月15日

都道府県
各 都道府県 政令市 薬務主管部(局)長 殿
特別区

厚生労働省医薬局監視指導・麻薬対策課長

健康食品・無承認無許可医薬品による健康被害防止のための対応については、平成14年10月4日付け医薬発第1004001号厚生労働省医薬局長通知「健康食品・無承認無許可医薬品健康被害防止対応要領について」に基づき協力依頼したところですが、平成14年9月12日付け医薬監麻発第0912004号、食新発第0912001号「エフェドリンアルカロイド等を含む製品に関する規制措置情報について」に引き続き、今般、財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)から、エフェドリンアルカロイドに関する海外状況について、別添のとおり情報提供があったので、御参考までに送付いたします。
つきましては、関係者へ注意喚起するとともに、引き続きエフェドリン等の医薬品成分の配合が確認された無承認無許可医薬品の監視指導等について御留意願います。
なお、今後、財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)から、エフェドリンアルカロイドに関する海外状況等が寄せられた際には、厚生労働省のホームページ「中国製ダイエット用健康食品等関連情報」(http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet.html)上の「エフェドラ関連情報」を随時更新することとし、通知の発出は行わないことを申し添えます。

エフェドラ情報

~(財)日本医薬情報センター(JAPIC)提供~
Japic Daily Mail より

2002年7月16日
No.294
・ 米HHS,ephedraの安全性を調査,死亡を含む有害事象について (Scrip No. 2758,p. 14(June 26)2002)
2002年8月28日
No.325
・ 米Thermolife Internationalが脂肪を燃焼させる製品としてインターネットで販売しているLipodryl IIに合成norephedrine HClが含まれていることに対する警告(8月16日付け) FDA/Foia Warning Letters Search/Most Recent Warning Letters Entered Into Database (Since 8/17/02)
2002年9月9日
No.333
・ 米司法省,ephedraを販売した米Metabolife社を捜査,重度の有害事象についてFDAに報告しなかったことなどについて (Scrip No. 2775,p. 16(Aug. 23)2002)
2002年10月8日
No.352
・ 米FDA,違法ストリートドラッグの代替品としてYellow Jackets(ephedra,kola nut抽出物(caffeine原料)などを含有するハーブ製品)をインターネット上で販売促進している取扱い者に対し電子メールによるCyber Letterを発行:違法ストリートドラッグの代替品は栄養補助食品として認められず,米国民への販売は違法であることなどについて記載(FDA News P02-40,2002年10月7日付け)FDA/Press Releases and Talk Papers FDA/Press Releases and Talk Papers
2002年10月9日
No.353
・ Tommy G. Thompson米HHS長官がephedra製品についてFDAに科学的評価を要請するとともに最大級の警告の強制的表示を勧告:FDAによる栄養補助 食品に関するGMP規則の提案,すべてのephedraハーブ製品についてその成分が合成品ではなく植物成分であることを確認する新プログラムなどについ て発表(FDA News P02-41,2002年10月8日付け) FDA/Press Releases and Talk Papers

出典元:厚生労働省

あやしいインターネットサイトを通報

私はロボットではありませんにチェックを入れURLを入力し、
送信をクリックしてください。
通報内容の入力は任意です。
※通報内容は入力しなくても送信できます

URL入力

通報内容(任意入力)※最大70文字